香典返しは葬儀後?それとも同時?

香典返しのタイミングと葬儀後の流れ。

香典返しは葬儀後?それとも同時?

本来は


香典返しって本来は喪主が自ら先方に出向いて持参するというのが本来の形なんですね。
確かに葬儀の際に香典を頂くとそのお返しとして贈るのが香典返しなのですからその方がとても丁寧ですよね。
しかしながら、最近では交友関係の広がりなどからそういう対応では追いつかない場合などがありますよね。
そのため、葬儀後(忌明け後)に香典返しとして挨拶状と共に品物を贈るのが今は定着しています。
この時、香典返しの品物には白黒であったり、黄白の仏事用の熨斗紙をかけるのが通常です。

香典返しを円滑におこなうためにも葬儀の時に記入していただいた名簿などをみながら香典の金額などを整理しておくと良いと言われていますが、葬儀後はやらなければいけない手続きなどがたくさんあるので、最近では代行する業者さんなどもあるようです。
場合によってはそういったところにお願いするのも方法かもしれませんね。
さすがに香典を頂いた方が多かった場合は自分たちでまとめるのが困難かもしれません。
(会社の社長さんなど、社会的地位がある方だとよりそうなってしまうのかもしれませんね。)

また、神式やキリスト教などの場合は仏教用語は使わないので、品物や挨拶状などで注意が必要になってきます。

what's new

2013/01/28
気持ちが一番ですを更新
2012/12/08
礼状マナーを更新
2012/12/08
この場合は?を更新
2012/12/08
基本的にを更新
2012/12/08
宗派によりを更新
2012/12/08
香典返しは葬儀後?それとも同時?を更新
2012/12/08
ホームページリニューアル

Recommend Entry

気持ちが一番です

香典返しは参列してくれた人への感謝の気持ちですので通常は出向くのが礼儀ですが、相手もこちらが忙しいと察してくれているので今ではこの様は形になっているのでしょう。